テンパータイヤ

自動車用として用意されているタイヤにはいくつかの種類があって、日常生活上で必要とされている種類としては、

サマータイヤと呼ばれる一般的な夏タイヤと、冬期間に路面が積雪状態や凍結した路面状況になるような地域では、スタッドレスタイヤと呼ばれている冬タイヤを利用することになります。

 

しかし、今日でも多くの自動車には予めテンパータイヤが装備されているケースも見られます。

 

一般的に認知されている呼称としてはスペアタイヤと呼ばれることが多い傾向にあるものですが、スペアタイヤは装着しているタイヤがパンクを含めて破損してしまった場合に、一時的に使用するためのタイヤになります。

 

車両によって保管されている場所が異なりますが、一般的な乗用車の場合では、リヤのトランクの下部分に装着されていることが多く、トラックなどの場合では、車体の底面などに設置されていることもあります。

eki01_l

利用に関しては、タイヤ交換を行う技術が必要とされているために、スペアタイヤの他には、ジャッキやレンチなども必要としています。最新の情報としては、比較的新しい車種の場合ではスペアタイヤが装備されていないケースも見られます。

 

この場合では、パンクの修理剤などを携帯しておくことで解決することができます。

コメントは受け付けていません。