Sタイヤはレースタイヤ

Sタイヤとはセミレーシングタイヤの略式名称で、公道を走ることができるレースタイヤです。

 
一般的にレースタイヤはかなりのハイグリップを求める為に溝が極端に少なかったり、溝が無い場合があります。
サーキットなどを走行する際にはとても有意なタイヤなのですが、一般道のように、雨や雪で覆われる可能性がある場合、スリップしたり重大な事故につながる可能性があるため、一般道でレースタイヤは使用できないようになっています。

densha01_l

ところが、高排気量の車やパワーのある車は、通常のタイヤではスリップしやすかったり、走行が困難になってしまうことがあります。
そのような車に対応できるように、セミレーシングタイヤはあります。
セミレーシングタイヤは溝の数は通常のタイヤに比べ少ないものの、雨や水たまりの上を走行するさいに水を排出できる溝がありスリップの危険性が少ないタイヤです。
そのため、公道でも走行が可能になっています。

 

しかしながら、低排気量の普通乗用車にこのセミレーシングタイヤを装着すると、あまりのハイグリップによって、カーブ走行時に車体がゆがんでしまう危険性もあります。
サーキットなどでも走行可能な高排気量高馬力の車に合わせて履かせる方がよいでしょう。

コメントは受け付けていません。