スタッドレスタイヤについて

足場が悪くてもそれをもろともせずに、積雪面をパワフルに走れるスタッドレスタイヤこれは一体どういうものなのでしょうか。
スタッドレスはそれまで冬タイヤの代表格であったスパイクタイヤとの対比でスタッド(スパイク)がレス(ない)、
ことからスタッドレスと呼ばれています。
スパイクが無くても、積雪路や凍結路などの冬道を走れるように開発されたのがスタッドレスなのです。
では、なぜそのままスパイクタイヤを利用し続けなかったのかと言えば、スパイクタイヤを積雪の無い舗装路で、
使用した場合、アスファルトで出来た道路は削られてしまい傷んでしまいます。また、その時に削れたアスファルトは、
粉塵となり大気を汚染し公害問題にまで発展したため、スタッドレスが開発されるようになりました。

 

 

では、スタッドレスはなぜスパイクが無いのに積雪路や凍結路を走れるのかと言うとそのタイヤの構造に、
秘密があります。スタッドレスは普通のサマータイヤに比べ溝が深く、雪に食い込みやすいように出来ています。
そのため、積雪路でも安定して走行することができるのです。
更にスタッドレスは特殊なゴムで出来ているため、低温でも柔軟性を失わずにグリップ力を発揮できるように、
なっているのです。しかし、その柔らかさの為、冬季間以外の使用は適さない理由となっています。

コメントは受け付けていません。